知っていますか?のぼりと集客

のぼりとは何でしょうか?どこにあるものでしょうか?

歓楽街あたりを歩いていると、お店の看板は当たり前のように見かけます。主にお店の看板というものは集客をするために、宣伝効果を狙って作られているものが多いです。ところが、お店の看板以外にも集客をするためのものが、街中にはあるのです。

それは、のぼりというものです。のぼりと聞いて分からない人は、縦長の布がついている旗を思う浮かべると、分かりやすいのではないでしょうか。戦国時代あたりの時代劇を見ていると、合戦で縦長の布がついている旗は、当たり前のようにたくさん出てきます。

そして、この縦長の布がついている旗である、のぼりは今でも街中には多くあるのです。現代では合戦ではなく、お店などの宣伝目的で使われます。

歓楽街を歩いているときに、お店の看板以外に注意を向けていると、のぼりというものは、案外簡単に見つかるはずです。

のぼりの集客効果はどれくらいあるのでしょうか?

もしかしたら、街中でお店の看板と同じぐらいの頻度で見かけるかもしれない、のぼりですが、普通のお店の看板と比べて集客効果は、どれくらいあるのでしょうか。

これについては、お店の看板とのぼりが同時に写っている画像を調べてみたところがあります。それによると、お店の看板よりも、のぼりの方が目立つという検証結果が出ているようです。または、目立つというより、視界に入りやすいようです。

のぼりは、日本の古来の時代より使われているのですから、目立つということは、当然の話なのでしょう。それから、のぼりは、作るのに費用があまりかかりません。そしてそれでいて、旗の部分に大きく目立つ宣伝文句を書くことができます。

また、飲食店がのぼりを出せば、開店していることを周りの人たちに、簡単に知らせることができます。