知ってる?のぼりの歴史

約1000年の歴史を持つ「のぼり」

飲食店やスーパーマーケットの店頭などで良く目にするのぼりですが、歴史を振り返ると平安時代に誕生したと言われています。
当初は、現在まちなかで目にする「のぼり」よりも丈が長い「流れ旗」が使用されていました。主に武士の戦で使用され、自軍と敵軍を一目で見極めたり、自軍の軍容を示して味方の兵士を鼓舞する意味合いで用いられていたと言われています。
そして、室町時代になると旗の縦1辺と上側の横の辺を固定した現在ののぼりの形が誕生しました。背景には戦が頻繁に起こる戦国の世となり、敵軍も味方の軍も同じ家紋が入った同種の流れ旗を使用した戦いが行われたため、戦火の中で敵味方の区別が付かなくなってしまいました。そのため、流れ旗の形状ではない新しい形の旗が求められるようになり、現在使用されている「のぼり」の形をした旗が作られるようになりました。

安くて効果が高い「のぼり」

遠くから見ても分かるような「のぼり」や、脇道にお店があるため歩行者の方から認知されづらい場所に店舗を構えているお店でも店頭に「のぼり」を立てると、集客力アップに繋がります。例えば、飲食店を探している歩行者の方に来店してもらえたり、セールが行われていると一目で分かってもらえればスーパーの中へ人を引き込みやすくなります。
しかし、のぼりを立てたことがない事業者の方は「費用がかさむ」という理由で、使用されていない店主の方もいます。でも実は、意外と費用は安く抑えられます。依頼する業者によって価格は異なりますが、カラー印刷でも1枚当たり約1000円と他の宣伝や広告費用に掛かる値段よりも安く抑えることが可能です。