のぼりのメリットデメリットとは

あなたは見る?見ない?のぼりのアレコレ事情

街を歩くと様々な広告が目に飛び込んできます。ビルの上のモニター映像や大きな看板、電柱に貼られた広告などなど。その中でも風に揺れるのぼりは、その動きから目立つ存在ともいえるでしょう。のぼりと聞くと、商店やスーパーマーケットの広告のぼりを思い浮かべますが、他にも大相撲の力士名や歌舞伎の役者名ののぼり、選挙活動時の宣伝やデモ行進にも使われています。のぼりは集客を狙う目的があることは知られていますが、設置にも工夫が必要です。ターゲットとする顧客層を想定した色やデザインを考える必要があります。そして店のテーマとなるものを、一目で分かってもらうことも大切です。また複数ののぼりを立てることが一般的ですが、その際にもデザイン性や色を統一することで、より顧客にアピールできる可能性もあります。さらに季節などに応じてのぼりのデザインを変えて新鮮味を出すことで、集客の効果も期待できます。

維持管理も大切!集客を狙えるのぼりとは?

のぼりのメリットとして挙げられるのは、そのコストパフォーマンスの良さです。殆どののぼりは既製品であり、安価で作成できサービスの変化に応じて入れ替えできるというメリットがあります。看板のような大掛かりな手間もなく、手軽に設置できます。また同じのぼりを複数立てることで、安定したメッセージ性を持たせることもできます。のぼりの立て方次第で、店へ誘導するという効果もあります。デメリットとしては、道路や歩道に設置されたのぼりが通行の妨げになるなど交通安全の問題、街の景観を損ねること、そして台風や強風時に吹き飛ばされる危険などが考えられます。のぼりは設置したらお仕舞い、ではありません。安全面にも配慮し、かつ集客を見込める工夫を常に行うことで、より効果を期待できるものといえるでしょう。